Home

days of D 2nd season

これからの予定いくつか

現在、わかっている、大貴さんの今後の予定です。

10月21日(日) 門司レトロカーミーティング 9:00〜15:00 
開会式、10:00からのトークイベント、閉会式に参加。
会場:門司港中央広場(雨天決行)
http://www.mojiko.info/news/topics0183.html

11月10日(土) 横浜ヒストリックカーデイ
古き良き時代の佇まいが残る横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて開催されるヒストリックカーイベント。
大貴誠の愛車『レディバード』がエントリーしています。
http://yhcd.jimdo.com/

12月8日(土) YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜
会場:川崎市麻生市民会館
昨年も出演しました、『朗読の会 りんどう』が主催します舞台に、今年も出演いたします。
今年の演目は、小川未明の『赤いろうそくと人魚』、なんと人魚の一員として出演するそうです。
時間などが確定次第、こちらでお知らせします。

穐の大貴會

9月29日、堂島ホテルの会員制ラウンジ『堂島俱楽部』において、『穐の大貴會(あきのだいきかい)』と題して、“いつもとは少し違った雰囲気”でのお茶会が開かれました。
いつも、ファンの方には「大貴さんのお芝居が観たい」「大貴さんの歌が聞きたい」という希望をいただいていましたので、今回は歌を中心にして、懐かしい曲や、スタンダードナンバー、そして今まで歌ったことのないような曲にも挑戦してみよう、ということで企画の段階から大貴さんのアイディアを取り入れて選曲しました。

お食事の時間が終わり、時間がきて大貴さんが登場。なんと着物での登場です。

着物でジャズ

オープニングは『貴女と夜と音楽と』。武生公演などOSKの現役時代に数え切れないほど歌った曲ですが、今回は今までとはまるで違った、ジャズっぽくアレンジされたピアノを伴奏に、大人なムードで歌います。
乾杯を挟んで2曲目は、これもお客さまには耳馴染みのある『A列車で行こう』。
伴奏の音源は、美空ひばりさんがジャズを歌った時のもので、このアレンジがとても気に入った大貴さんが、歌詞も『レディバードで行こう』に替えて、歌いました。レディバードとはもちろん、大貴さん最愛のクルマ『真っ赤なスバル360』の愛称です。
モダンな絽の着物(季節的にはぎりぎり間に合いました)でノリノリに小粋なジャズを歌う大貴さんは、なかなか可愛らしくて、大きな拍手を浴びていました。

そして今回、いちばんの挑戦だったのが、次に歌った『俵星玄蕃』です。
三波春夫さんが、赤穂浪士の討ち入りを題材にした講談を歌謡浪曲に仕立てた、歌あり、台詞あり、浪曲風の語りありの8分以上もある大曲です。この曲を、大貴さんは武生公演に出演していた時、三波春夫後援会の地元の呉服屋のご主人から歌って聞かせてもらって「すごい歌だ」と感動し、いつか歌ってみたいものだと思っていたそうで、市村正親さんが舞台でこの曲を歌ったという話を聞いた時は「やられたー」とくやしかったとか(笑)。
それが、ついに歌う機会がおとずれたというわけです。着物を着て出ることを決めた時に、この曲がすぐに思い浮かんだのだと言っていました。

俵星玄蕃

1曲目2曲目が「着物でジャズ」という“あえてはずした”装いでしたが、『俵星玄蕃』では、白扇を帯に挿し、あえて「男役の雰囲気が少し香るような」しつらえで、8分の大曲を歌いきりました。やはりファンとしては、途中で入る「先生っ!」「おう、蕎麦屋かぁ!」という台詞の応酬などを聞いて、「次はぜひ、大貴さんのお芝居を見たい」と思ったのでした。

この曲が終わって大貴さんは着替えに走り、そしてしばしの間をおいて、黒の鋲つきジャケットに、白のブラウス、白のスパンコールの縁飾りのついたキャミソール、黒のパンツに黒の編み上げショートブーツという一転してマニッシュなスタイルで、『アイガットリズム』を歌いながら登場。

洋装で

着物での登場にも驚きましたが、この衣装で登場した時は会場が沸きました。似合っていたということもそうですが、着物よりも(なんとなくですが)今まで見たことがない、ような感じがしたせいかもしれません。OSKの現役時代、桜まつりなどのオフのスタイルの時に見たものとも違うし、退団後のフォーマルな私服とも違う、マニッシュなのにそれがかえって大貴さんの女性っぽさ(女性だから当たり前ですが)と可愛らしさを際立たせている……と言ったらいいのでしょうか。後半、上着を脱いでブラウス姿になった時にも、さらに大貴さんは「かっこよくてかわいい(この二つが矛盾してないんですよ)お姉さん」でした。

白に

『アイガットリズム』に続いて『スマイル』を歌い、会場の皆さんで記念撮影をしてから、ラストの曲は『あなたがいてくれたから』。AKB48の曲です。これはAKBの曲を何曲も聴いて、歌詞があまりにも「自分の気持ちにぴったりなので、ぜひラストにこの曲を、ファンの皆さんに贈りたい」と選んだ曲なのです。
歌詞を読むと、まるで大貴さんのために書かれたのではないか、と錯覚してしまうぐらいなので、大貴さんも歌っていていろいろとこみあげるものがあったのかもしれません。少し、涙ぐんでしまう場面もありました。

会場に入りきらないほどのお客様に来ていただいて、短いひとときではありましたが、楽しい時間を過ごした一夜となりました。
来てくだったお客様にはほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとうにありがとうございました。
慣れないスタッフが運営した会で、手抜かりも多々あったことと思います。これから、もっともっとお客様に楽しんでいただけるような企画を考えていきたいと思っております。ご意見、ご希望などがありましたら、遠慮なくお届けください。お待ちしていますのでよろしくお願いします。

当日は、今後の予定もいくつか大貴さんの口から発表されましたので、詳細がわかり次第、こちらのページにも載せてまいりますので、しばらくお待ちください。

OSK日本歌劇団 創立90周年感謝の夕べ 〜夢の絆〜

今年でOSK日本歌劇団は創立90周年という節目の年を迎えます。
それを記念して、大阪松竹座『春のおどり』開催中に、特別イベントが行われます。
そのイベントに、大貴さんも出演することが決定しました。

OSK日本歌劇団OGと現役劇団員による一夜限りのトーク&ライブです。
『OSK日本歌劇団 創立90周年感謝の夕べ 〜夢の絆〜』
【出演者】牧香織・嵯峨みさ緒・東雲あきら・洋あおい・大貴誠 他OSK日本歌劇団OG
     OSK日本歌劇団「春のおどり」出演者
【日時】2012年4月17日(火)18:00〜(17:30開場)
【場所】大阪松竹座
【主催】松竹株式会社 OSK日本歌劇団
【価格】3,000円(税込・全席指定)
【チケット予約】4月3日(火) 午前10時より電話・Web受付、窓口販売開始
【受付】チケットホン松竹 0570-000-489(受付時間/午前10時〜午後6時)
または 大阪06-6530-0333 チケットWeb松竹 http://www1.ticket-web-shochiku.com/pc/ (電話予約のお引き取りは4月5日(木)より開始)
【お問い合わせ】大阪松竹座 06-6214-2211

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top