Home

days of D 2nd season

穐乃大貴會

堺筋倶楽部エントランス

9月27日(金)大阪市中央区の堺筋倶楽部で、『穐乃大貴會 其ノ二』と題して、秋のコンサートが開かれました。
堺筋倶楽部は、大正年間に銀行として建てられた洋館で、この建物の雰囲気を大貴誠が一目で気に入って、ぜひここでイベントを! という希望が実現しました。
エレベーターなしの四階、ということでお客様には少々たいへんだったかと思いますが、この建物の、素晴らしい雰囲気は味わっていただけたのではないでしょうか。

穐乃大貴會

イタリア料理のお食事を楽しんでいただいた後、『I’ve Never Been in Love Before』を歌いながら大貴誠が登場します。
二部構成の第一部は、ジャケットにパンツスタイルでソフト帽をかぶり、一見男役っぽいですが、OSKの現役時代というよりも、「今の大貴誠」「ふだんの大貴誠」に近い雰囲気を見てもらいたい、というコンセプトです。
今回のコンサートのテーマは「恋」。皆さんと乾杯をして、初恋(?)や初デート(?)の思い出話をなどをはさみながら、明るくアップテンポな曲をご披露しました。

第一部

このコンサートを前にしてのインタビューや、今後の出演予定などのムービーをインターバルにして第二部へ。
ここは一転して「大人の女性」をイメージしたロングドレスで登場です。
そして朗読、『或るお話』。
横浜生まれで横浜育ちの少女が、大阪にある会社にやってきて、ある人と出会い、そして別れる……。
一人で歩きはじめた「彼女」が今、思うことは。その答えのように歌われる、『I am what I am』。

私は、わたし

お客様のアンコールに応えて、『サントワマミー(忌野清志郎バージョン)』で、穐乃大貴會は幕を閉じました。
秋のコンサートは二回目となりますが、これを三回、四回と続けて、いろいろな大貴誠が皆さまと出会う場をぜひつくりたいとスタッフ一同考えております。

12月には、これも毎年出演させていただいている、『YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜』への出演が、そして来年1月には、誕生日イベントも企画しています。
詳細はまたこちらで発表いたしますので、楽しみにお待ちください。

穐乃大貴會(あきのだいきかい)予告Movieです



★開催日  2013年9月27日(金曜日)
★受 付  18:00〜順次
★お食事  18:30〜20:00
★ショー  20:00〜21:00(予定)
★会 場  堺筋倶楽部 4Fバンケットルーム
(大阪市中央区南船場1-15-12 地下鉄堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋」駅1番出口より北へ徒歩3分)
★料 金 お一人様1万円(飲食、税込)

参加ご希望の方は、参加人数、ご参加の方のお名前、代表者様の連絡先を、

info@daikimakoto.net

上記アドレスの@を半角@に変えて、お送りください。折り返し、料金の振り込み先などの詳細をご連絡いたします。
たくさんの皆さまのご参加をお待ちしております。

雑誌掲載のお知らせ

6月15日発売の『ハチマルヒーロー8月号』(芸文社刊)に大貴さん所有のクルマ『日産フィガロ』についての記事が載っています。
『ハチマルヒーロー』は『ノスタルジックヒーロー』の兄弟誌で、80〜90年代の国産車ファンのための雑誌です。
今号の第二特集「パイクカームーブメント」内で、大貴さんの『日産フィガロ』がカラー4ページに渡って紹介されました。
このクルマは、大貴さんがOSKを退団した時、千秋楽に松竹座から御堂筋までのパレードをして、最後はオープンカーで皆さんにサヨナラをした、その時のクルマです。

主にクルマについての記事ですが、大貴さんのインタビューと写真も(小さなものですが)載っています。
そして、この記事を読んで気づいたことが一つ。
クルマのカラーが「ペールアクア」。
これは、大貴さんが脚本を書いた『バロン 〜とても不思議な冒険綺譚〜』の、主人公バロンの国の名前です。
ここから取った名前なのでしょうか。……など、いろいろなことも考えてしまう記事なのでした。
マニアックな雑誌のマニアックな記事ですが、このクルマのハンドルを大貴さんが握って、今も走っているのだなあと思うと、なかなかおもしろいです。
ぜひお読みになってください。

ハチマルヒーロー
※リンク先に、アマゾンへのリンクもあります。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top