Home

days of D 2nd season

YOU GO 麻生 舞台レポート

12月7日(土)、川崎市の麻生市民会館大ホールで、『YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜 vol.8』が行われました。

大貴さんは、オスカー・ワイルドの原作による朗読舞踊劇「バラとナイチンゲール」では、もっとも重要な役といってもいい青年と、月光の役を演じました。青年は、恋心にだけ浸って、自分のために命を失ったナイチンゲール(小鳥)のことなど見えてもいないという、物語の哀しさを象徴的に表現するような役でした。男役なのですが、ことさら「男役をやる」という気負いもなく「大貴誠の青年」が舞台上にいた、と感じられました。
その青年から、一転して「月光」となり、天に召されたナイチンゲールを、美しい月光でつつみこんで癒す……という、もしこれがほんとうに青年の「心」であったら……と想像して勝手に感動してしまうような、そんな舞台でした。

青年
月光
「しあわせな王子」では、冒頭の第一声から、モブ役、ユーモラスなハト役と、あらゆる場面で大活躍でした。いつも、この舞台での朗読舞踊劇は、笑いながら見終わっても、心の中に、物悲しいけれど暖かい何かを残してくれる演目が選ばれています。この公演の趣旨である、あらゆる人びとが「YOU GO =融合」しよう、という思いにも沿ったものなのです。

第二部は、歌とダンスのショーです。今回は、途中から生バンドも加わり、8回を数えるこの公演も、回を重ねるごとに内容も、そしてお客様の数も熱気も、徐々にもりあがっているようです。
大貴さんは「SING SING SING」や「おおシャンゼリゼ」など、お馴染みのナンバーで楽しく歌い踊り、そしてエンディングでは、サンドベージュの衣装に身を包んでの4人の群舞でセンターを取り、いつもとは一味ちがった雰囲気で、今年の『YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜』は幕を閉じました。

True Colors
来年も、同じ麻生市民会館大ホールで『YOU GO 麻生』の開催が決まったそうです。日時は今年と同じく12月7日、来年は日曜日の開催となります。
ここでの公演を「ライフワーク」と語る大貴さん、また来年も出てくれることを楽しみに待ちたいと思います。

出演のお知らせ

「朗読の会りんどう」と「NPO法人映像工房ぺり』が主催する『YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜』へ、今年も出演が決まりました。
大貴誠が「私のライフワーク」とも語るこの舞台は、あらゆる人々が“共生し、融合する世界”を、舞台の上で表現しようというコンセプトのもとに、今年で第8回目を迎えました。大貴誠は今回の出演が4回目となります。
今まで、新美南吉、宮沢賢治、小川未明などの童話を原作としたミュージカルでしたが、今回はオスカー・ワイルド原作の物語を構成したものだそうです。初の外国原作となりますが、さて、今回はどのような大貴誠が舞台上に現れるのでしょうか。

『YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜 vol.8』
演目:『王様とツバメと薔薇とナイチンゲール』(オスカー・ワイルド原作)
日時:12月7日(土曜日) 開演時間未定(昨年一昨年とも、16時半開演でした)
会場:川崎市麻生市民会館大ホール(〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号 小田急線新百合ヶ丘駅下車すぐ)
入場無料

問合せ:朗読の会りんどう

穐乃大貴會

堺筋倶楽部エントランス

9月27日(金)大阪市中央区の堺筋倶楽部で、『穐乃大貴會 其ノ二』と題して、秋のコンサートが開かれました。
堺筋倶楽部は、大正年間に銀行として建てられた洋館で、この建物の雰囲気を大貴誠が一目で気に入って、ぜひここでイベントを! という希望が実現しました。
エレベーターなしの四階、ということでお客様には少々たいへんだったかと思いますが、この建物の、素晴らしい雰囲気は味わっていただけたのではないでしょうか。

穐乃大貴會

イタリア料理のお食事を楽しんでいただいた後、『I’ve Never Been in Love Before』を歌いながら大貴誠が登場します。
二部構成の第一部は、ジャケットにパンツスタイルでソフト帽をかぶり、一見男役っぽいですが、OSKの現役時代というよりも、「今の大貴誠」「ふだんの大貴誠」に近い雰囲気を見てもらいたい、というコンセプトです。
今回のコンサートのテーマは「恋」。皆さんと乾杯をして、初恋(?)や初デート(?)の思い出話をなどをはさみながら、明るくアップテンポな曲をご披露しました。

第一部

このコンサートを前にしてのインタビューや、今後の出演予定などのムービーをインターバルにして第二部へ。
ここは一転して「大人の女性」をイメージしたロングドレスで登場です。
そして朗読、『或るお話』。
横浜生まれで横浜育ちの少女が、大阪にある会社にやってきて、ある人と出会い、そして別れる……。
一人で歩きはじめた「彼女」が今、思うことは。その答えのように歌われる、『I am what I am』。

私は、わたし

お客様のアンコールに応えて、『サントワマミー(忌野清志郎バージョン)』で、穐乃大貴會は幕を閉じました。
秋のコンサートは二回目となりますが、これを三回、四回と続けて、いろいろな大貴誠が皆さまと出会う場をぜひつくりたいとスタッフ一同考えております。

12月には、これも毎年出演させていただいている、『YOU GO 麻生 〜ぼくらはみんないきている〜』への出演が、そして来年1月には、誕生日イベントも企画しています。
詳細はまたこちらで発表いたしますので、楽しみにお待ちください。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top