Home

days of D 2nd season

穐乃御報告

9月20日、堺筋倶楽部で行われました『穐乃大貴會2014』。
今回のテーマは「70年代」。それも「70年代の日本」です。懐かしのメロディーをがんがん歌おう!というコンセプトで選曲されました。
オープニングは、手塚治虫の名作アニメ『リボンの騎士』のテーマソングを歌いながら、黒いパンツドレスで登場。続けて『白い蝶のサンバ』へ。
皆さんとの乾杯のあとは『横浜メドレーのど自慢バージョン』(←見た方にしかわかりませんが)で会場を凍りつかせ(?)てから、ハットをかぶって『勝手にしやがれ』。もちろんキメのところでは帽子を華麗に投げましたよ。

スバル360を運転したり、今年の誕生会でチンチン電車のウクレレ演奏などの映像を見ていただいている間に着替えて登場した大貴さんは、なんとバスローブ姿! シャワーの水音に乗ってやってきたかと思うと、『バスルームから愛をこめて』を可愛く、ちょっと色っぽく(……でもなかったか。男役時代はすごいセクシーと言われたものですが、女の人に戻ってからは色気というよりお色気……というよりはやっぱり「可愛らしい」んですよね)歌いながら客席をめぐります。そして曲が終わろうとするとハラリとバスローブを脱いで、すわ裸か!
……って、いくらお色気に欠けるからといってそんな捨て身の攻撃はしません。バスローブをハラリと脱いだら、真っ赤なワンピース姿に。ふつうなら大人の女の魅力を際立たせるために真っ赤なワンピースを選ぶところですが、大貴誠が選んで着てみると、これはいったい何なんでしょう、この可愛らしさは。少女ですかあなたは。痛いと言われようと(言われるでしょうなあ……)ナマであれ見るとそう口走らざるをえません!

『乙女座宮』『異邦人』をしっとり、シリアスに聞かせ、ラスト曲は『グッバイマイラブ』。アンコールでは黒のマラボーを振り回しながら『踊り明かそう』『狙いうち』の連発で、会場は大盛り上がりに盛り上がったのでした。
帰りはお見送りもあり、ファンの皆さんは大貴さんとお話しをしたりツーショット写真を撮ったり、終わってからも楽しい空気はいつまでも大貴さんのまわりを取り巻いているのでした。


黒いドレスの女1
黒いドレスの女2
黒い帽子の女
赤いドレスの女1
赤いドレスの可愛い女
アンコールの女

出演のお知らせ

NPO法人芦屋ワールドピース倶楽部主催によるチャリティーフェスティバル『音楽の旅 〜タイムマシーン〜』に出演いたします。
当日は、特別ゲストとして、愛車のレディーバード号(真っ赤なスバル360)を会場の芦屋ルナホールに展示させていただきます。
レディーバードで日本中を旅することによって、いつまでも古びることのない日本の文化を知った大貴誠が、自らを「レディーバード=タイムマシーン」に乗った者として、このコンサートを応援させていただきます。

第二回チャリティフェスティバル「音楽の旅—タイム・マシーン—」

日 時:10月19日(日) 14時(13時30分開場)
会 場:芦屋ルナホール(〒659-0068 兵庫県芦屋市業平町8-24 JR芦屋下車)
開 演:14時(13時30分開場)※混雑が予想されますので、13時より整理券をお配り致します。
入場料:2,000円(全席自由席)※当日券はございません。
出 演:田中 郷子(ソプラノ歌手)、時宗 務(バリトン歌手)、平 みち(元宝塚歌劇団雪組)
    藤川 晃文(テノール歌手)、前口 徳子(ドイツリート歌手)
    芦屋少年少女合唱団・プレリームーン、芦屋市フォークダンス教会(フラダンス)
    関西学院大学OB(マンドリン)、NPO法人芦屋ワールドピース倶楽部会員
    大貴誠(特別ゲスト)
    ※出演者に変更がある場合もございます。ご了承下さい。
演 目:風と共に去りぬ・メリーポピンズ・マイフェアレディ・アナと雪の女王…他

お問合せ 0798-55-2904 芦屋ワールドピース倶楽部

チケットのお申込みは、サイドバーのメールフォームから、
または、

daikimakoto.net★gmail.com

★を@に変えて、お名前、連絡先メールアドレス、枚数をお知らせください。折り返し、詳細をお送りします。

穐乃大貴會2014のお知らせ

今年も大貴さんの秋のコンサートが開催されます。

第3回『穐乃大貴會』
2014年9月20日(土)
堺筋倶楽部4階バンケットルーム
18:30より受付
19:00よりお食事(ディナー&フリードリンク)
20:00よりショー

堺筋倶楽部のお料理はすごく美味しい!のです。
いや、それだと食べ物食べに来てくれと言ってるように聞こえますが、ほんとに美味しいので食べに来てももらいたいのです。
そして、今回の『穐乃大貴會』は、歌のセレクションにちょっと工夫をこらしました。毎回テーマは決めていますが、今回のは「わかりやすくて楽しい」ものになっていると思います。そう、なつかしい70年代の曲がばんばん出てきますよ。そんな頃はまだ生まれてなかった、という方にも「大貴誠による70年代ポップスの新解釈」がお楽しみいただけるかも?

もし、興味がおありの方は、
info★daikimakoto.net
まで、★を@(半角)にかえて、お問い合わせください。
(※このメールアドレスは現在使われていません。お問い合わせその他はdaikimakoto.net★gmail.com(★を@に)までお願いします)

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top